« GWに | トップページ | Screen&Vision展 »

ヘンリー・ダーガー展

ヘンリー・ダーガーていう人、知ってますか?

家族も友人もなく孤独に暮らしていたひとで、昼間は清掃の仕事をして夜のあいだに膨大な量の物語と絵を書き続けたの。

生涯かけて創作活動を行ったのに誰にもそのことを知られていなくて、死後大家さんが発見したらしい。

わたしは最初画集で知って、それからツタヤで「非現実の王国で」というこのひとの生涯を描いたドキュメンタリー映画を借りて観ました。

すごく不思議な世界観なんですよ。美しくかわいらしいのにちょっと怖い。

今回これの原画が観たくてラフォーレミュージアム行きました。

原画はかなり大きくて見ごたえがあったーー。ほんとに不思議な世界でしたよ。行ってよかった!!!

Cimg2721

« GWに | トップページ | Screen&Vision展 »

美術」カテゴリの記事

コメント

『非現実の王国で』、観てみたい!! 様々な感情が込められているであろう数々の絵と物語、中原中也や宮沢賢治を想起させます。怖さを秘めた美しさ、それは笑いにも通じ、ダーガーは、きっと描くことで現実を生き抜いたのだろうと思います。生きてるうちに原画を観たいです。素敵な画家さんを紹介してくれてありがとう、じゅりさん♪

書き込みありがとう(^^)

わたしもそう思いました。ダーガーは、書き続けることで人生を生き抜いたんだと思う。

「非現実の王国で」ぜひ観てみてね!!
おもしろいよ~~
Fumi-Sugarさん好きそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1390419/40179908

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンリー・ダーガー展:

« GWに | トップページ | Screen&Vision展 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

こつぶのツイッター

無料ブログはココログ